OPEN

校友会について

法政大学校友会は、生涯にわたって母校とのつながりを意識できる
「法政ネットワーク」です。

卒業生・教職員の会員で構成される法政大学校友会は、世代、性別、出身地などを超えて、法政の名のもとに卒業生が集い、「卒業後も法政の一員であり続けること」が実感できる場所です。
校友会は、全国各地・海外の地域支部、学部・付属校同窓会、職域やサークル関係等の卒業生団体で構成され、それぞれ活発に活動しています。
2014年3月以降の卒業生は、卒業と同時に校友会の終身会員となります。卒業後5年間は、卒業年度ごとの組織である「年度同期会」へ所属し、その後は任意の卒業生団体の活動に参加できます。
※校友会の終身会費(3万円)は、4年次春学期の学費と共に徴収いたします。なお、本制度導入に併せて、校友会は一般社団法人化しました。